禁煙を決意した喫煙者の多くはニコチン欠乏による離脱症状に悩まされます。タバコをやめる為にも乗り切る必要があります。

禁煙時の離脱症状

挫折した成功したに限らず、禁煙を1度でも試みた人なら経験している「離脱症状」。
離脱症状といっても、人によってその程度には差があると言われています。
多くの人がその離脱症状を乗り越えることができず、禁煙成功の最初の壁であり、もっとも大きい障害でもあります。

禁煙をやっと決心しても、ほんの数日間でタバコを我慢できずに吸ってしまったり、人によっては数時間で終わってしまう人もいます。

禁煙できない理由

離脱症状に苦しむ喫煙者の人は多いですが、タバコによる離脱症状はそこまで長く続いてしまうものではないようです。

ここでは、離脱症状がどんなものかを解説していきます。

離脱症状の種類と特徴

禁煙時にイライラしてしまうのは、代表的な離脱症状です。
禁煙してから、やたら苛立つことが多くなったり、怒りっぽくなってしまい自分の感情をコントロールすることが難しくなってしまう人は多いです。
タバコを吸えないことへのストレス反応でもあり、禁煙は自分との闘いでもあります。
イライラは、必ず乗り越えなければならない1つになります。

絶え間なく補給されていたニコチンですが、禁煙することでからだの中では欠乏した状態に。
欠乏すると人によっては手足が震えるようになったり、動悸が激しくなってしまう人もいるようです。
動悸は禁煙から3日目がピークとされるので、リラックスできる連休などを狙って禁煙を開始するのも1つのコツかも知れません。

同じく2~3日目までがピークと言われるのが、頭痛。
しかし人によっては、寝込んでしまうほどになることも。

ニコチン依存への反動として、ひどい眠気に襲われる人もいます。
対策は十分な睡眠をとることしかありませんが、禁煙時に強い眠気を感じてしまう人も多いので車などを運転する人は要注意です。

他にも「空腹感」や「便秘」、「吐き気」、「しびれ」などが起きると言われています。

禁煙による精神的ダメージ

禁煙補助薬などを使用していない状態で吐き気を感じてしまう人は、精神的なことが関係している可能性もあります。

禁煙が与える精神的ダメージは大きく、ニコチンは脳の中にある神経物質にも大きな影響を与えます。
「禁煙うつ」を起こすこともあり、その症状の1つに吐き気を挙げることができます。

症状や程度に違いはありますが、離脱症状はほとんどの喫煙者に見られることが確認されています。
依存度が高ければ高いほど、からだからニコチンが抜けるのには時間がかかりますが、早くて2~3日、長くても3週間で緩和されると言われています。

こうした離脱症状を乗り切れるかがポイントになり、これさえ乗り切れば成功する確率は高くなるはずです。

本気で禁煙をするなら、上記の離脱症状を抑えてくれる禁煙補助薬チャンピックスの服用が有効です。

チャンピックスによる禁煙成功の原理詳細

このページの先頭へ