タバコをやめると太るというのは喫煙時と比べ味覚が正常化する為です。禁煙による健康面、経済面での利点を説明します。

禁煙のメリット

しようと思ってもなかなか成功しないのが、禁煙。
禁煙することで得られるメリットを知れば、決意も新たに禁煙する意欲がフツフツと湧いてくるはずです。
そこで今回は、禁煙で得られるメリットについて考えていきます。

体調の良化

まず禁煙してスグに実感できるのが、毎日のからだの調子への変化。
禁煙から1ヶ月もすれば、からだが軽く軽快になるはずです。

・スグにしていた息切れがなくなる
・ノドの調子が良くなり声がとおる
・鼻の通りが良くなる
・からだからダルさが抜ける
・寝起きが壮快になる

恐らく、これらのことは禁煙した人の誰もが実感できるはずです。
また年齢が若ければ若いほど、禁煙した時に体調が回復するスピードも早まります。
中高年以上であっても、老後の健康を考えればプラスになることしかないはずです。

味覚の向上

「タバコをやめると太る」と言われますが、今まで感じることができなかった食べ物の味が分かるようになるからです。

タバコを吸っていると、舌にはニコチンやタールがびっちりとついている状態です。
なので、食材がもつ本来の味を実感しにくくなっています。

禁煙すれば、今まで何気なく食べていたものも美味しく感じるはずです。
特に日本人の主食である「お米」は、甘みを実感しやすくなります。

タバコ代の節約

からだ以外でもメリットを実感するのが、経済的な面。

喫煙者の人は毎日タバコを買っているはずです。
これを止めると、1日1箱ペースであれば月に12,000円前後浮きます。
年間に換算すれば、14万円前後も節約になります。

これだけあれば自由にできることも増えてくるはずなので、タバコに無駄なお金を費やすのであれば自分のためになることに浪費しましょう。

保険料の負担軽減

他にも保険に加入しようと思うのであれば、お得になることが。
最近の一部の保険会社は、タバコを吸わない人に対しての保険料を安く設定しているところがあります。
保険料を安く抑えられるのは、毎月の支払負担を楽にしてくれるはずです。

悪臭からの解放

禁煙をはじめてから数日もすると、家に帰ってから実感するのが「臭い」。
禁煙すると洋服や部屋の中にびっしりとこびりついたタバコの臭いが緩和されはじめます。

毎日気持ちよく感じることができ、周囲からタバコ臭いと言われることもなり、印象も変わってくるはずです。

また口臭なども改善されるので、「口が臭い」と思われることも減るはずです。

ありとあらゆる面で、禁煙によって得られるメリットはあります。
健康も考えて、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

禁煙するならチャンピックス

このページの先頭へ