通販でも買えるチャンピックスとニコチンガムやパッチの禁煙補助薬比較、本当にタバコをやめる為の禁煙方法を解説します。

様々な禁煙補助薬

禁煙をはじめる時に頼りになるのが、禁煙補助薬の存在です。
禁煙ブームということもあり、実にさまざまな禁煙補助薬が誕生しています。

なかでも最も新しく画期的な禁煙補助薬が、チャンピックスという飲み薬。
これは中身の成分がバレニクリンというものになり、成分がニコチンに成り代わることで禁煙時の辛い症状を緩和することが出来る作用があります。

チャンピックスによる禁煙成功の原理詳細

ただ1つだけデメリットになることがあり、それが価格の問題です。
病院は一部保険適用としていますが、条件を満たしていない人には保険が利かないので、治療費が高くつくことも。
保険が適用されるかどうかで人によって治療費が変わるので、デメリットになる可能性が考えられます。

チャンピックスの購入価格

決められている治療の期間は12週間となり、診察代など含め考えると自費での高い出費を強いられることに。

では、他にドラッグストアなどで販売がされているガムまたはパッチなどの禁煙補助薬にどれほど効果を期待して良いのでしょうか。

チャンピックスとニコチンガム・パッチの違い

まずチャンピックスとの違いは、成分にニコチンが含まれていること。
ガムであれば口腔内から、パッチはからだの好きなところに貼ることで皮膚より持続的にニコチンを体内に取り込むことができます。
これによってからだの中でニコチン切れの状態を防ぐことで、離脱症状を和らげられます。

禁煙時の離脱症状

また購入方法にも違いがあり、これらは病院以外でも購入することができるので手軽に購入できるのでメリットと感じる人もいるはずです。

ニコチンを断ち切ることが本当の禁煙

ニコチンガムやニコチンパッチは、扱いやすさという点では禁煙補助薬の中でも間違いなくトップクラスであると言えます。
しかし、成分にニコチンを含んでいるので、果たしてそれは本当に禁煙したということになるのかが大きな問題点となります。

そもそも禁煙に成功したと言える期間は、定義として決められています。
それが1年になり、再びタバコを吸ってしまう人の確率がもっとも低い期間とされています。
この期間、ガムやパッチを使って禁煙できたとしても、からだの中にはニコチンが残っているので再び吸いたくなるはずです。

誰でも簡単に手に入って、辛い離脱症状を抑えられることは確かに大きなメリットかも知れないですが、本人が2度と喫煙しなくなるまでにはさらに時間がかかるようにも思えます。

このように考えると、市販されている禁煙補助薬では真の禁煙は達成できないと言うことができます。

一方でチャンピックスは12週間を最後までやり遂げることで、成功率は60%を超えるとも言われています。

禁煙成功率だけをみて考えるのであれば、チャンピックスが優れていると言っても良いかも知れないですね。

自分にあったタイプの禁煙補助薬を選択することがもっともですが、同じ禁煙補助薬でもこの様に違いがあるので、どれが良いのか検討の材料にしてみて下さい。

このページの先頭へ