喫煙(タバコ)には癌などのリスクをはじめ多くの害があります。ニコチン依存症から脱却するにはチャンピックスが有効です。

喫煙のデメリット

最近になってより肩身の狭い喫煙者。
止めようと思ってもなかなかタバコをやめることができません。
とういのも、ニコチン依存症になってしまっているため、ニコチンを摂取しないと落ち着かなかったり、イライラしてしまったりするからです。
落ち着くためにはまず一服してしまい、タバコをやめることができなくなってしまっています。

しかし喫煙にはデメリットが盛りだくさんです。

■病気のリスク
喫煙を続けると肺がんのリスクを高めたりと健康被害がでます。

■経済的負担と見た目の問題
月にかかるタバコ代もバカになりませんし、口臭や歯の黄ばみなども目立つようになります。

■子供への悪影響
小さいお子様がいる家庭では受動喫煙となってしまい、小さい子に対して悪影響がでます。

受動喫煙の被害

このように、タバコを吸っていると身体にも経済的にも良いことは1つもないのです。

逆を言うと、禁煙によって得られるメリットも多く存在します。
タバコをやめるきっかけづくりのためにも、以下のページをお読みください。

禁煙のメリット

チャンピックスを利用した禁煙

ニコチン依存症から自分の力で離脱のはなかなか難しく、また続きにくいです。
そういった場合には禁煙薬であるチャンピックスを利用しましょう。

チャンピックスは薬の作用でタバコを吸いたくなる原因をコントロールできる禁煙補助薬です。

ニコチンが脳内にあるニコチン受容体に結びついてドパミンが放出され、タバコをおいしいと感じたり、リラックスできると感じています。
この薬にも受容体に結びつくことのできる成分が含まれており、少量のドパミンを放出させることができるので、禁煙時のイライラなどを抑えることができます。

また薬を服用している時にタバコを吸ってもおいしいと感じることができなくなります。
それは薬の作用が効きドパミンが放出されいるためです。

チャンピックスの作用

服用開始してから効果が現われるまでには個人差があって、長くて7日ほどかかると言われています。
無理なく禁煙するためにはこの最初の1週間は喫煙しても構いません。

副作用によって吐き気などの不快感がでることがありますが、クスリによるものでなく精神的なものによることもあるので、少しずつ薬に慣れていく必要があります。
最初は辛いかもしれませんが、きちんとタバコを止めることができるので、しっかりと服用していきましょう。

このページの先頭へ