喫煙をやめられない原因はニコチンにあります。依存を断ち切る禁煙補助薬チャンピックスの特徴と通販での購入法を解説します。

禁煙できない理由

禁煙に成功したという定義は、1日でしょうか?それとも3ヶ月でしょうか?一体どれくらいの期間、タバコを吸わずにいられたら成功となると思いますか。

正解は、1年となっています。

これは再び喫煙者になってしまう確率が低いのが「1年」と考えられていて、この期間が禁煙成功の定義と考えられています。

禁煙の成功率

禁煙をはじめてから成功できる人は、ほんの一握りだと言われています。
実際に1年間の禁煙成功率は6%になり、100人が同時に禁煙をはじめたら94人もの人が挫折する計算になります。

これほどまでに確率が低く、難しいとされている禁煙。
何が禁煙をむずかしくしているのかについて、今回はお話していきます。

禁煙を難しくさせる原因

禁煙したくてもできない、それには原因があります。
次の2つのことが、禁煙を難しくしています。
習慣性と依存性、それぞれの特徴を解説します。

喫煙の習慣性

禁煙を考えている人の多くの人が、数年以上に渡っての喫煙の経験があるはずです。
その年月が長ければ長いほど、喫煙という行為が生活の一部分となってしまいます。

反対に喫煙経験が3ヶ月未満の人には、習慣性はほとんどないので禁煙することは容易だと言われています。

イライラした時や、何か一段落した時、寝起き、といった様々な場面で何気なく吸っているのが習慣付いてしまい、禁煙をはじめようと思ってもついタバコを吸ってしまいます。

禁煙時の離脱症状

喫煙の依存性

タバコの葉の中に含まれている強い毒性をもつ物質ニコチンには、とても強い依存性があるとされています。
依存性だけでみれば、麻薬にしていされるヘロインと同等あるいはそれ以上とも言われています。

タバコの概要

またニコチンは脳内に作用し人が快楽を感じる「ドパミン」を発生させるので、やめることをとても難しくしています。
どちらにも依存性があり、禁煙を難しくしてしまっています。

自分が好きなものを一遍に禁止することを想像してみて下さい。
それは、相当なストレスを感じるはずです。
禁煙は、同じようにその依存を一遍に禁止する行為となるので、大きなストレスがかかり禁煙成功を遠ざけてしまうのです。

自力での禁煙成功はこういったことからかなり難しくなっているので、ニコチンにどれほど依存しているのかチェックがてらに禁煙外来に受診してアドバイスを受けてみるのも成功の一歩かも知れません。

禁煙するならチャンピックス

チャンピックスとは、禁煙をサポートする為のお薬です。
禁煙補助をしてくれる医薬品は、他にも今までニコチンパッチなど様々あったことと存じます。

様々な禁煙補助薬

ですが、ニコチンパッチなどのようなパッチタイプなどではなかなか禁煙をすることができない方、つまりはニコチンの依存性が高い人たちには、チャンピックスが非常に有効性の高い薬となります。

チャンピックスの特徴

チャンピックスは飲む錠剤タイプで、毎日朝と夜2回に分けて1錠ずつの計2錠を服用します。

そしてこのチャンピックスの特徴的なこととして、すぐにタバコをする事を辞める必要はありません。
少しずつ、チャンピックスはタバコを吸った際にニコチンに対してまずいという嫌悪感を身体が持つようにしてくれます。
そのため、無理にタバコが美味しいと感じている段階から、タバコをいらない、吸わないと我慢するのではなく、自然とタバコが美味しく感じられなくなり、辞める、そしてニコチン自体が身体の中からなくなっていくことによって、その依存性がなくなっていくわけです。
その結果、タバコを辞めることができる、つまりは禁煙が出来るというわけです。

チャンピックスによる禁煙成功の原理詳細

チャンピックスを手に入れるには

最近では良く、テレビのコマーシャルなどで禁煙外来を目にすることが多くなりなした。
しかしまだまだ喫煙者の心には浸透していないようです。

「実際に医者にまでいく必要があるのか?」
「そもそもタバコを吸っていることは病気じゃないから医者へは行かない」

このような声を多く聞きます。

禁煙外来でも最後に処方されるのはこのチャンピックスなので、もし上に記したようなことを思っている方や、ニコチンパッチ等を以前に試したところ禁煙出来なかったからもう諦めている、という方がいらっしゃいましたら、このチャンピックスを1度お試しをいただければと思います。

というのも、医者に行かないでもこのチャンピックスは近年では個人輸入にて購入することが可能となっていますので、インターネットで調べれば簡単に入手することができます。

海外からの配送となるので、大体10日前後は掛かってしまうかと思いますが、医者で処方されるものと比べれば金額的にもかなり抑えることができます。

次に、気になる金額について説明します。

チャンピックスの購入価格

禁煙治療をするのであれば、今もっとも優れているのが飲み薬であるチャンピックスとなります。

この薬は、「ニコチン置換療法」といって成分がニコチンに成り代わることで、禁煙時の辛い離脱症状や喫煙欲求などを緩和してくれる薬になります。

成分の中にニコチンが含まれていないことが1つの特徴になり、高い禁煙成功率を誇っています。

12週間という長い服用期間になるので、ここで1つ気になることが価格のお話。
病院では、処方してもらうのに保険が適用されるか否かの条件が設けられています。
4つの項目に分かれており、どれも条件を満たせば一部保険の適用を受けて治療をスタートさせることができます。

病院処方による価格の違い

大体ですが、価格は次のようになります。

■保険適用
約19,000円

■保険が利かない場合
約63,000円

これだけ差があるので、保険が利かない人は高い治療費を自費で負担する必要があります。
この価格の差を知ってしまうと、服用を躊躇する人も中にはいるはずです。
そこでそういった時のために、便利に活用できるのが海外通販サイトでの購入です。

個人輸入(海外通販)での価格

海外通販であれば、チャンピックスの海外医薬品を購入することができます。
はじめに価格をお伝えすると、購入先のサイトによっても多少の誤差がありますが約30,000円となっています。
保険適用時に比べるとそれでも高いですが、通院などしなくても薬のみが手に入るので時間に余裕がない人にもオススメです。
また、スターターパックであれば約6,500円と、大分安くなります。

チャンピックスの作用

海外通販で入手できるチャンピックスは価格が安いと変に思う人もいるかと思いますが、錠剤に入っているのはもちろん国内で処方されるものと同一の成分「バレニクリン酒石酸塩」となっています。
なので海外版のチャンピックスというだけで、国内処方のチャンピックスと何ら変わることはありません。

保険が利かないのであれば、海外通販で購入すればコストの負担を減らす大きなメリットになるはずです。

これから禁煙治療を考えている人のために、どんな作用をもつ薬なのか簡単に解説しておきます。

刺激作用

ニコチンを司っている「α4β2受容体」と呼ばれる器官が、脳の中には存在しています。
タバコを吸うとこの部位が刺激され、快楽物質であるドパミンを放出します。
同じように成分バレニクリンが作用することで、タバコに比べ少ないドパミンを放出してくれるので離脱症状を緩和させることができます。

拮抗作用

チャンピックスは、服用開始から1週間は無理にタバコを止める必要はありません。
これはからだの中に取り込まれてきたニコチンとバレニクリンが拮抗し、その作用を弱めてくれるからです。
なので服用してからタバコを吸っても今ひとつな感じになり、次第に喫煙欲求も低下していきます。

2つの作用が、タバコ離れを加速させてくれます。
チャンピックスを12週間続けた人の成功率は60%を超えるとも言われているので、禁煙治療に取り入れてみてはいかがでしょうか。

購入はこちらで紹介している大手の海外医薬品通販サイトのご利用を推奨します。

このページの先頭へ